熊本地震のこと

このたびの熊本地震のことで
皆様には大変ご心配をおかけしています。

たくさんのご心配のメール、
そして救援物資提供のお申し出など、
多くのメールをいただき、本当にありがとうございます。

すでにニュース等でご存知だと思いますが、
今回亡くなられた方が47名。負傷者1083名。

東日本大震災や阪神淡路大震災の被害規模に比べれば
規模の小さい災害かもしれませんが、
今の熊本県民にとっては未だ経験したことのない大きな地震でした。

今回、
益城町、南阿蘇という地域が
とくに大きな被害を受けました。

私が住んでいる八代市は
その益城町から30kmほど南にあり、
最初の地震は震度5弱だったので
それほど強い揺れではありませんでした。

私はその時、
ちょうど会議で出ていたので
急いで車を飛ばして家に帰ったところ、
三女がワーンと泣きついてきました。相当怖かったのでしょう。

2階は本棚が倒れたりしましたが、
1階の方は幸い何ともありませんでした。

ただ、こちらでは皆
まったく地震慣れしていないので
続く余震に対しては、相当不安なようです。

一番下の三女は、毎晩ずっとヘルメットを
かぶったまま寝ています。

現在、ここから近い八代港に
山口県から救援物資を運んできてくれた船(輸送艦「おおすみ」)が到着して、
我が家の上空を何台かのヘリが救援物資の輸送をしてくれています。

今はただ見守るしかありません・・・。

それと、メールの返信等につきましては
しばらくの間は、いつもより遅れるかもしれません。
何卒、ご了承ください。

 

私は変わらず元気にしていますので
どうぞご心配なく。

以上、現状報告でした。

広瀬      4月17日