支援物資のこと

このたびの地震で、皆様からは
支援物資の提供のお申し出を沢山いただき、ありがとうございます。

ただ、避難所の支援物資のニーズを把握するのは想像以上に難しいようです。
昨日まで必要だったものが、今日は足りている。余っている。

それだけ、国や他の都道府県の自治体、企業などからの支援物資が今回は豊富に届いたからでしょう。

前回の震災でも、せっかく送られた支援物資がゴミになってしまったというケースは
非常に多かったと聞いています。

もし皆さんから支援物資を送っていただいて、それが届く間に
必要なくなってしまい、不要になってしまってはあまりにも申し訳ない・・・
今回はそんな思いが頭をよぎりました。

 

今後、ますます支援のニーズというのは変化していくと思います。

「今すぐ支援したい」「何か力になりたい」
と、はやる気持ちは、どなたにでもあると思います。

私も東日本大震災の時には、急いで支援したい、すぐに何か力になりたい、
という思いから、早急に寄付をさせていただいたという経験があります。
しかし、今振り返れば、それは賢いお金の使い方ではなかったと思っています。

大きなところに寄付をすると、どうしても
いい加減な使い方をされてしまうことも多いということを
後になって知ったからです・・・。

 

本当に必要とされている支援に、
そして国や自治体の支援が行き届かないところに
賢く支援をしていくのがベストではないかと考えています。

もしそういった必要な支援が明確になった時には
皆様のお力をお借りするかもしれません。その時はどうぞよろしくお願いいたします。