もうすぐ3ヵ月

月日が過ぎるのは早いものですね。
熊本地震からもうすぐ3ヵ月になります。

私の住んでいる八代市では、余震も少なくなってきつつあり、平穏な日常に戻っています。

今まで色々とご心配をおかけしました。

 

しかし、被害の大きかった地域では、梅雨の土砂崩れ等の二次被害などが深刻なようです。

なんとか力になりたいという気持ちはあるのですが、大規模なことは国や自治体に任せるしかない・・・。

それより、もっと目の行き届かないところ、支援の行き届いていないところに、なんとか支援をできれば・・・と思っています。

 

東日本大震災の時には、皆さんの温かいご協力によって、楽しい育児実践会としてまとまった金額をある大きな組織に寄付させていただいたのですが、これは後に、あまり賢い支援のやり方ではなかったと反省しました。

そのお金がいったい誰の役に立ったのか、誰を笑顔にすることが出来たのか、それが全く実感できないというのと、

本当にきちんと使われているのかという疑問が多少なりともあったからです。

 

そのため、今回は、被災された方の元に直接、手渡しで届ける方法をとりたいと思っていました。

 

しかし地震の後の、日々めまぐるしく変わる状況の中では、限られたお金をいったいどこに届けるのがベストなのか、なかなか見えてきませんでした。

ようやくここに来て、それが見えてきた感じがします。

 

現在、支援先の候補として3名の方を考えています。

 

一人目は、16日の本震で、隣のマンションの屋上にある「貯水塔」が落下してきたために、自家用車が下敷きになって壊れてしまった熊本市の私の知人の宮本さんという方です。

地震という予期せぬ災害によるものということもあって、貯水塔のあったマンションの持ち主や不動産屋からは一切補償をしてもらえず、保険からもお金が一切おりないとのことでした・・・。

image

宮本さんは、本震のあったこの日「車中泊」をしようかどうか迷っていたそうです。もし車中泊をしていたら一緒に下敷きになっていたはずだったと・・・。「命があっただけでも感謝です」と言っていました。

新しい車が買えるように少しでも力になれたら、と思っています。

 

 

2人目は、山都町の荒木さんという70代のご夫婦で、お米や野菜を作っていらっしゃる農家の方で、私が日頃から大変お世話になっている方です。

山都町というところは、地震ではそれほど大きな被害はなかったのですが、6月下旬の梅雨の大雨で大規模な土砂崩れが起こり、用水路などが壊れたり埋まったりして、今年の米作りが出来なくなってしまったとのことでした。  (その後、用水路の方は何とか復旧し、田んぼへの水が来るようになったので、何とか田植えはできそうですとの連絡が入りました。ご心配おかけしました 7/11 19:30

「もう少し若ければ、なんとか奮起して頑張れたかもしれないけど・・・、この状況だともう諦めるしかない」と、非常に落胆されていたので、なんとか力になれれば・・・と考えています。

image

 

 

3人目は、地震の被害の大きかった西原村の農家の方で、私が以前、野菜の自然栽培の勉強をやっていた時に、色々とお世話になった久保田さんという方です。

久保田さんの自宅は、4月16日の本震で基礎部分に大きな被害を受け、危険判定との診断を受け、住むことができなくなってしまいました。

imageimage

地震以来、久保田さんはご家族でテント生活をしながら、炊き出しなどのボランティア活動に奔走して頑張っていました。

全壊と判定された場合、国からおりるお金は100万円。そして、新築する際に200万円、合計でも最大300万円しか出ないそうです。

家を建て替えるとなるとその金額が大きいだけに、支援というのは簡単ではないかもしれませんが、何とか少しでも笑顔になってもらうことができたら・・・と思った次第です。

 

 

楽しい育児実践会は寄付金を集めるということは一切行っていません。

 

楽しい育児実践会として、有料で行っているサービスがございますので、そのサービス提供によって得られた収益の中から、寄付金などの支援金を捻出するというやり方を行っています。

 

今後、楽しい育児実践会としてチャリティなどの企画をいくつか考えています。

その際は、ご参加いただけると嬉しいです。

 

今回も最後までお読みいただきありがとうございました。

 

広瀬